スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2011.09.21 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ウエディングブーケさいのさい

    0
       やっぱぁウエディングブーケといった華麗なる舎利物は流石に拙者には似合わぬと、カノひとは言うた。それでもウエディングブーケのそのヨサは須らく判るからして、ぜんたい、遮二無二こちらに引っ張らなくてもよかろうかと稟議してみるものの、その予算がいまいちってどゆこと?
      ウエディングブーケがお茶の子だってことくらい幼児でもわかろうに、恐怖いっぱいの面オモテからしてそういった不可思議なるさいのさいってどうよ?と問いかけるなり。

      してから◎っと、ウエディングブーケの謗りに想いを寄せて、いと感銘を受けた御仁の人柄に拙者は痛く感動したのもこれまたジジツ。してからヒョットコのような顔に皺を寄せ、華燭の典で見せるひとびとの笑顔なんて、借り物かもしれぬと一寸、文学的なことに想いを馳せてもみるものの、ウエディングブーケってやはりそのハナヨメにしか似合わぬことくらい誰ぞわかるってもん。

      ウエディングブーケは激安かどうかの議論展開すれども、その店舗はまさに激安を謳っておってだからして胡蝶蘭のような単品で売れるもんと微妙に違えど、ご相談窓口的なフォ〜ムからいったいダレゾがオ〜ダーの問い合わせをしてくるんか、まぁそういった白熱したディベートにもなっちょるけんど、アレだよ君、そんなに言うなら花の可憐はスガタを拝んで、ハワイの秘法でも唱えたらよし。
      そう、ウエディングブーケはそれほど短絡的な事物ではなく、さいのさいとお茶の子を小馬鹿にしているようで敬っていることをいつ誰が知ることになろう。
      ご難しいばかりがジンセーではなく、ときにウエディングブーケを片手で嬉々として飛び跳ねてみるがよいと先人達は粛々と述べていたこともまた事実なり。


      どんなひとときに?ウエディングブーケつうのんは?

      0
         さぁてウエディングブーケのことぁ、お任せあれぇ。ってほざいてみても、所詮はたちどころに弱小なるかな、悲しいかな。ウエディングブーケというのは、それ相当に趣きのある俗物だから、況やドンナに華燭の典で活況を呈してもだ、一向に萎むことはなく、より一層の輝きさえ増して尚、それはマルデ宝石のよーにも見えてやまぬ。
        ウエディングブーケってのーは、どんなひとときに皆々様に重宝がられるかというとだ、そりゃも〜、ドナタサマの御仁方々もゴゾンジの通りに、由緒ある儀式であるケッコンシキ(まぁ披露宴)であることはゆーまでもないのだが、ときに、花嫁さまのお写真を撮るとき(婚前ね)なんぞも、そのカットの道具として多いにありえるわけでごんす。
        そのほかにも、一体、お姉さまがたやお兄様がた、おわかりになりんすか?と問われれば、そりゃまーTVなんぞでドラマ的な番組で、そう、ウエディングブーケが使われたりもすっけどさ、そんなこた言い出したらキリがナイッペってことでご容赦ござ候。
        ウエディングブーケと申しても、さらに広く解釈があって、重大機密事項とまではいわねど、それ相当の重みのあるコトバの響きも相俟って、ソンナコンナでウエディングブーケのちょこまかとした雑事なんかを点綴してまいる所存、ここに平にご容赦あれぇ。



        ウエディングブーケとヒトクチに言いましても・・・

        0
           そう、ウエディングブーケとオオザッパに申しましても、ソレってのは重大事項か否かといわれますと阿鼻叫喚と騒ぎ立てるほどのことではもちのろん無くて、親しきユウジン、チジンなる御仁の方々が晴れやかなジンセーの舞台に立って華燭の典を執り催す限りに擱かれましては、その『ウエディングブーケ』たるや、華やかりし引き立て役、そう演出の効果抜群とありまして、一体、どうしてウエディングブーケがソコマデ責め立てられるのかは摩訶不思議なり。
          邂逅なひとときが御二人の合間に流れ流れて、そら〜羨ましいほどに絶妙な瞬間が多々あったのは想像に難くなく、ときに秘なるトキを共有して、またときにはサラリと軽快なる時間の流れをともに過ごしたりもして、そうした多重にも及ぶ恋愛の情感がたゆたう波のように、GOALに至って昇華するが如く、ただウエディングブーケがその新婦の御婦人の手に委ねられるときに成り染めの記憶に満ち満ちて、それってヒトクチに言いますと、しあわせの4文字なるかもしれぬ。
          ウエディングブーケはそれほどまでに主演の二人に最重要な事物であることは言うまでもなく、だからこそウエディングブーケはオソマツにできるわけもなく、ボクなんかおろおろとその手元を凝視するばかりで何も言えずに。。。
          すこぉし、ここに綴るのは矢張りウエディングブーケのその効用とか並べる所存、これご容赦願いたし。